Профил

始は査官言を尽して

始は査官言を尽して説き諭しけれど、一向に聞入れねば、止むことを得ずして、他の査官を傭ひ来りつ、遂に警察署へ送り入れぬ。  彼女は是より精神病院に送られしが、数月の後に、病全く愈えて、その夫の家に帰りけれど、夫妻とも、元の家には住まず、いづれへか移りて、噂のみはこのあたりにのこりけるとぞ。以上は我が自から聞きしところなり。但し聞きたるは、この夏の事、筆にものして世の人の同情を請はんと思ひたちしは、今日土曜日の夜、秋雨紅葉を染むるの時なり。...
» прочети пълния текст Коментари (0)

世に人格以上とか、

世に人格以上とか、人格以外とかの書というものなどあり得るものではないからである。そのうまさにおいて、その美術としての美しさにおいて、あるいはいや らしい作りものではないという点において、良寛様の書は、まったく良寛様の美しい人格によりて生れ出たものなのであることを、つくづく思わされる。その一 つ一つに検討して見るまでもなく、良寛様は美術的に鑑賞力の高い人であったことが作品によって想像するに充分である。古法帖の見方にしても、一番いいもの の中から、一番いいところばかりを見ておられる。一例を草露貫珠に見てみても、やっぱり羲之型であり、韻会型であって、内容もそれらの重厚である。そこ へ、日本の上代的書道の内容の味が加わっている。良寛様の書は形がよい。味がよい。美的である。風雅であるというゆえんはそこにあるのである。懐素の書 が、いつも引き合いに出されるが、私どもの今までに見た懐素というものは、あえて感心するほどのものではなく、むしろあの時代では俗書に属する方ではない...
» прочети пълния текст Коментари (0)

良寛様のような、

良寛様のような、近世では他にその比を見られないまでの、ずば抜けた書、それをわれわれごときがとやかくといい気になって批評することは、どういうもの かと危惧を禁じ得ないものがないのでもないが、しかし良寛様には常日頃親しみと尊敬とを持っている一人であるという関係をもって許していただけるとし、僭 越を承知しながら、ともかくも感ずるところを一応述べさして貰うこととする。  良寛様の書、それは品質に見ても、形貌すなわち書風に見ても、容易にあり得ない、素晴らしい良能の美書というべきである。なんの角度から見ても世の常の 通りものとは格が異っていて近世における能書例と同一に論じ難い点があると認めねばならない。単に正しい書だとか、嘘のない書だとかいったくらいでは、そ の良能の程度はいい尽されない恨みがある。それでも強いて一言でいって見るならば、真善美が兼ね具わっているというの他はない。かようの良能の書が生れ出 たゆえんのものはといえば、それはいうまでもなく不思議なくらい世間欲のない良寛様の人格の立派さが、そうしたものだというべきであろう。すべて「芸術も...
» прочети пълния текст Коментари (0)

前山翁の場合のように

前山翁の場合のように自己が仁清に理解あるつもりだからとて、ただ単に工人を自家に呼んだだけで仁清が再現するものではない。自己そのものの天分が仁清 と同じであって、しかして自己がみずから製作せざるかぎり仁清は再び生まれ出づるものではないのである。況や製陶上の概念知識さえも有しないズブの素人に 雇傭さるる工人、一美校生などの日給から仁清は生まれ出づるわけのものではないのである。さるにもかかわらず、自己の一挙手一投足に成功を簡単に夢見るご ときは、実に傍若無人の暴案といわざるを得ないではないか。私は何遍でも繰り返すが、優れたる芸術は他人の工夫や立案で成就し成功するものではないのであ る。  価値ある芸術とは優れた天分ある人格者の識見からと、その練熟の腕前とから生ずるものであるのである。すなわち優れたる作者あっての優れた作品である。 決してあかの他人のおせっかいや小さな権力から生まれ出づるものではないことを得心して欲しい。  ここにおいてあかの他人に当たる各家は製作上の真理に頷いて貰いたいのである。三鷹 歯科
» прочети пълния текст Коментари (0)

況や、名人に二代なし

況や、名人に二代なしは昔から伝うるところである。光悦の後に光悦なくのんこうの後にのんこうはない。のんこうの先にものんこうはない。仁清の先にも仁 清なく、仁清の後にも仁清はない。翁が苦心? の志野もまた志野以前に志野はないのである。初期志野時代以後にも志野はないのである。前山氏が僅々二、三 年の経験をもって、その不如意を弁ずるに当たって一代二代の研究のよくするところでないなどと公言されるのは、私はあまりにも罪がなさ過ぎるとするもので ある。実業家としての前山翁は一部に俊敏の聞こえ高い名士であるがごと、窯業芸術となってははなはだ解し難い腕前を有する人といわざるを得ない。  しかも、ものは分ったから出来るとはかぎらない。否分ったからとて出来るものではないのである。分るということと出来るということは別問題であるといっ てもよいくらいのものである。  如上の各家が勘違いをされたのは、とりもなおさずこの一点に存すると考えられないことはないのである。譬えるまでもなく、仮に墨跡が分る具眼者であると...
» прочети пълния текст Коментари (0)

パチスロの魅力や良さ

私はパチスロをするにあたっては、お気に入りのお店へ通うことが多いですし、仕事の後などにふらっと普段は行かない店に立ち寄ることもあります。 良く知っているお店だとお気に入りの台があったり、なんとなく居心地が良かったり顔見知りの人がいて世間話をしたり出来るので、落ち着きます。 ただ、あまり普段行かない店だとビギナーズラックかもしれませんが妙に当たりやすかったり、初心に帰ったような新鮮な気持ちになれることもあるので、パチ スロで活用してみることによってためには一つの店だけに絞りすぎる事無くいくつかのお店を当たってみるというのがおすすめです。 スロットは台によって勝てる確率や設定が違います。 スロットの設定は1から6まであるのですが、設定が6の台に当たったら大儲けすることが出来るので本当に最高です。 店によって台の設定が違いますし、時間帯によっても当たりやすさや確立が違います。 一度行って当たらなくても時間帯を変えて通ってみたり、店や台を巡回してみると勝てる可能性も上がります。 家庭用中古スロット台・パチスロ実機販売店【ビッグワン】
» прочети пълния текст Коментари (0)

故にまあ知らないというのは

故にまあ知らないというのは失礼ですが、知らない人間から見た時に中国の書が大変立派に見えるが、知る者からは内容価値がちっともない。ちょうど立派な風 采だけをつけたようなもので、容貌風采、出立がよいのであります。その出立に日本人は眩惑されております。それでありますから内容を見ない人間から見ます と非常によく見えるのであります。例えば羽織袴で立派な風采をしている人があっても、それが必ずしも立派な人間でない場合があります。中国の書はインチキ ではありませぬが、大体容貌風采がよいだけであります。内容価値が少ない、書の尊いということはやはり美術的人格価値が尊いのでありまして、よい書になれ ばなるほど美術的人格価値があるのであります。絵におきましてもいうまでもない。彫刻におきましてもいうまでもない。いずれも美術的人格価値が高い場合に おいてその名が高いのであります。古陶磁がやはりそれと同じでありまして、値段の高い陶器は美術的価値が高い。それは職工的な場合でありましても、芸術的...
» прочети пълния текст Коментари (0)

見出しタグをつけてSEO対策強化

ある程度SEO対策について知り、htmlの知識があるのであればソースコードに見出しタグをつけてみると良いです。 見出しタグは内部SEO対策で定番の対策方法であり、大きな効果があるとは言えませんが、効果がまったく無いと言うわけでもなく見出しタグをつけることで文章が分かりやすくなり、サイト滞留時間が長くなり検索エンジン側に良い印象を持たれやすくなります。 見出しタグとはHタグであり重要なのはh1タグです。 hタグは必要に応じて増やして設定していけばよいですが、h1タグは一回しか使用しては駄目ですし、重要度も高いので良く考えて使ってください。 見出しタグをつけることで見やすくなりコードもきれいになって整頓されるのでSEO対策的にも好印象ですし、titleにつけると相乗効果で高い効果があると言われていますので試してみるのも良いかと思います。 見出しタグの文字の大きさはスタイルシートで変更でき、基本的に文字の大きさとか色はスタイルシートで変更可能で、ここはhtmlの知識があったほうがスムーズに進められるので勉強しておきましょう。 https://twitter.com/creditcardmiu
» прочети пълния текст Коментари (0)

解すのものは曰く

解すのものは曰く、東国はもと夷の地なり。ゆえにその地に起れる武家政府を賤みて、東夷と称するなりと。この解はきわめて簡単明瞭なるに似たれども、し かも事実にあらず。なるほど有史以前の時代には、東方諸国実に蝦夷の巣窟たりしなるべし。否、ただに史前時代のみならず、雄略天皇の御事なりと解せらるる 倭王武の宋に遣わし給える「国書」に、祖宗以来武をもって国を立て、東「毛人を征する五十五国」とあり。また承和二年陸奥国司の「解文」に、白河・菊多の 関を置きてより今に四百余歳とある文等を玩味するに、『常陸風土記』の記事等と相啓発して、有史以後においても、なおある期間は関東地方に蝦夷の蟠居せし ことを認めざるべからざるなり。しかれども、奈良朝ころの人士は、早くすでにその事実を忘却したり。当時の著作なる『古事記』『日本紀』等には、景行天皇 朝に日本武尊の経略し給える蝦夷の日高見国をも、当時の蝦夷蟠居の域なる北上川下流地方に擬定せるなり(拙著『読史百話』所載「日高見国と日高見川」参...
» прочети пълния текст Коментари (0)
Страници:12345678910>»
進むを知りて退くを知らず
前に進むことだけを考えて、時には退くことも必要だという事を知らない。

Категории · Архив

рекламирай тук